ページの本文へ

Hitachi

日立オートモティブシステムズメジャメント株式会社

ガソリン計量機を安全・安心にお使いいただくための自主点検マニュアル

「安全で安心な給油」のために、SSスタッフの皆様による自主点検はとても大切です。
消耗の激しい部品(ノズル、ホース、スイベル)や営業中には目視できない部分(計量機の内部)の点検のポイントをご紹介します。

日常点検マニュアルをご覧下さい

「安全継手」「ステッカー類」「静電気除去シート」の"点検方法"と"交換の目安"、さらに計量機各部の点検項目、方法や交換の目安の詳細については、ご購入頂いた製品に添付されております『日常点検マニュアル』をご覧下さい。

ノズルやホース・安全継手の油漏れは計量機のモーターを回し(ポンプON状態)各部からの油のにじみ・漏れ、計量機全体からの異常音・振動を点検してください。

  • 計量機のノズルをノズル掛けから外します。
  • セルフの場合は給油許可を出してください。
  • モーターが回りポンプ圧が各部にかかります。
  • ノズルレバーを絶対に引かないでください。油が吹き出し危険です。

ガソリン計量機

inspection-btn01.jpg

inspection-btn02.jpg

inspection-btn03.jpg

inspection-btn04.jpg

inspection-btn05.jpg

inspection-btn06.jpg

inspection-btn07.jpg

inspection-btn08.jpg

計量機が振動したり、異音が合った場合にはご使用を中止し、最寄りの日立オートモティブシステムズメジャメント、または購入先にご連絡ください。

部品交換について

消耗部品は、使用頻度や周辺環境によって、短期間で亀裂や破損が生じ、油漏れ等の重大事故を引き起こす危険があります。ご使用期間の長短にかかわらず、目視点検によって、亀裂や破損等の兆しが見受けられましたら、早めに最寄りの日立オートモティブシステムズメジャメント、または購入先にご連絡をお願いします。

お問い合わせ
当社製品のご購入やサービスの導入をご検討されているお客様のご質問、ご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。