ページの本文へ

Hitachi

日立オートモティブシステムズメジャメント株式会社

計量機の起動時、もしくは給油中に何らかの原因で表示器にエラーメッセージが表示されることがあります。その際は、エラーメッセージの内容を確認し、下記により対処下さい。改善しない場合、または対処が難しい場合は、最寄りの日立オートモティブシステムズメジャメント、または購入先までご連絡ください。処置をご依頼の際には、エラーコード番号をあわせてご連絡ください。

ご利用の計量機の種類により対応するエラーコードが異なる場合がありますので、詳細は製品に添付の取扱説明書をご参照ください。(2007年以前の製品はエラーコードが異なりますので、添付の取扱説明書をご覧ください。)

エラーコード一覧(2007年以降の製品)

エラーコード
番号
原因 お客様での処置
E01-0 メモリエラー(復帰不可)
バックアップデータが壊れた場合
サービス窓口※1へご連絡ください。
E02-0 メモリエラー(復帰可)
計量機の電源を入れずに長時間放置した場合(12ヶ月以上)
リモコンの「AC」を押して、エラーをリセットしてください。エラーリセット後、給油可能となります。本エラーが発生した場合は、ユーザパスワード,単価,累計値は初期値に戻りますので、必要に応じて再登録してください。
本エラーが頻発する場合は、サービス窓口※1へご連絡ください。
E04-0
E04-1
パルス発信器エラー
発信器が誤作動した場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
再発する場合は、サービス窓口※1へご連絡ください。
E04-3 パルス発信器信号エラー
発信器ケーブルの断線、または発信器信号出力に異常がある場合
ノズルをノズル掛けに戻し、サービス窓口※1へご連絡ください。
E05-0 プリセットオーバーエラー
プリセット値より給油量がオーバーした場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
再発する場合は、サービス窓口※1へご連絡ください。
E06-0 反対側パルス発信器エラー
給油中に反対側のノズルでパルス発信器エラー、またはプリセットオーバーが発生した場合
ノズルをノズル掛けに戻し、反対面の状況を確認してください。
E09-1 過流量エラー
吐出量が過流量判定流量を超えた場合
洩れの点検を行い、異常がある場合は、計量機の使用を中止し、サービス窓口※1へご連絡ください。
E10-0 SSLAN通信エラー
上位機器(POS等)からの通信が停止した場合
上位機器の電源を確認してください。
POS故障時、計量機を単独で利用する場合は、POS切り離し操作を行ってください。
E11-0
E12-0
内蔵機器通信エラー
計量機の内蔵機器(設定器など)と計量機制御基板の間で通信できない場合
サービス窓口※1へご連絡ください。
E13-0 感震器エラー
地震が発生し、感震器が作動した場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
E14-2 緊急停止エラー
緊急停止スイッチが押された場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
E14-3 緊急停止エラー(反対面で操作)
反対面の緊急停止スイッチが押された場合(安全のため停止)
外れているノズルをノズル掛けに戻してください。
E16-1
E16-2
E16-3

水検知エラー

ポンプ内に水混入を検知した場合

※"-n":nはポンプ番号です。

ノズルをノズル掛けに戻してください。
サービス窓口※1へ点検をご依頼ください。
点検までの間、本ポンプでの給油はできません。
E20-0 電源投入時ノズル外れエラー
電源ON時、ノズルが外れていた場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
E20-1 他ノズル外れエラー
ノズルを戻した時に他のノズルが外れている場合
外れているノズルをノズル掛けに戻してください。
E20-2 ノズル放置エラー(給油開始前)
給油せずにモータを一定時間回し続けた場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
E21-0

給油制限量オーバー

最大給油量に到達した場合

※セルフの最大給油量
レギュラー,ハイオク:100L
軽油:200L
灯油:100L

ノズルをノズル掛けに戻してください。
E21-1

給油制限時間オーバー

最大給油時間に到達した場合

※セルフの最大給油時間
レギュラー,ハイオク:240秒
軽油:240秒
灯油:360秒

ノズルをノズル掛けに戻してください。
E21-2 給油中停電
給油中に停電が発生した場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
E21-3 ノズル放置エラー(給油中)
給油停止状態が一定時間継続した場合
ノズルをノズル掛けに戻してください。
E22-1
E22-2
E22-3

モータサーマルエラー

モータの長時間運転等により過負荷保護が作動した場合

※"-n":nはモータ番号です。

ノズルをノズル掛けに戻して、しばらくお待ち下さい。
モータ温度が通常温度に戻れば、給油可能となります。
改善しない場合や、頻発する場合は、サービス窓口※1へご連絡ください。
E24-0 プリセットデータエラー
プリセット設定値が異常の場合
1度ノズルを掛け、プリセット設定をやり直してください。
※1サービス窓口:最寄りの日立オートモティブシステムズメジャメント、または購入先となります。
お問い合わせ
当社製品のご購入やサービスの導入をご検討されているお客様のご質問、ご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。